耐震等級

耐震等級

皆様こんにちは!
アールプラスハウス成田店手塚です。

最近、地震が多いですよね。
ここ最近の地震、東日本大震災の余震だそうです。
10年前のあの日起きた、あれだけ大きな地震が
今まだ尾を引いていることを知り、人の時間軸と
地球の時間軸に大きな差があるんだなとしみじみ
感じております。

先日の地震、その少し前の大きな地震。
ともにR+house成田で施工させていただきました建物
全ての物件で、一切の被害はございませんでした。

耐震等級という言葉は、お住まいづくりを始めて
少し経つ頃には知ることになると思います。

耐震等級は、1~3と数字が大きくなるにつれ
求められる強度が上がり、つまりは1より3の方が
地震には強いということになります。

木造2階建ての建物は「4号特例」というものによって
鉄骨のお住まいと異なり、構造計算の義務を免れております。

アールプラスハウス成田の建物は、全棟構造計算(立体解析)
を行ったうえで着工させていただいております。

ところで皆様、耐震等級に、種類があることはご存じでしたでしょうか?

いわゆる壁の量を基準に計算される「壁量計算」←いわゆる建売やローコストメーカーに多い

それぞれの部材がそこにかかる応力に耐えられるか
どうかを許容応力度(限界点)と比較する「許容応力度計算」←鉄骨住宅や高層住居はこれを使います

変形量と応力を実情に応じて詳細に計算する「立体解析」←コンピューターに図面を入れ、
                           実際の「揺れ」を起こし、
                           弱い部分を確認します↓
2021-03-21 (6).png

「壁量計算」→「許容応力度計算」→「立体解析」
の順に、地震の際の倒壊リスクが少なくなります。
そしてそれぞれに1から3までの等級が存在します。

ご存じでしたか?

住まいづくりをするにあたり、建物を学べる機会があってもいいともいます。
私たちは、成田ショールームにおきまして毎日「家づくり勉強会」を開催しております。
会場での勉強会も開催しておりますので
お気軽にご予約ください。




         suumo建築実例はこちら
--------------------------------------------------------
■R+house成田では無料相談会を毎日開催しています!
 土地・建物・予算などなど・・・

 お家づくりのご相談はお気軽に→『お問合せ』

--------------------------------------------------------

■幕張総合住宅展示場 
20200115_exterior_003.jpg





--------------------------------------------------------
■無料相談会 毎日開催
 成田ショールームにて
 TEL:0120-00-9269
 nrt-7374_retouch.jpg