本日も建築家打ち合わせがございました

本日も建築家打ち合わせがございました

皆様こんにちは。
R+house成田店の手塚です。

本日、建築家三回目の打ち合わせを終えたS様。

S様建3.jpg

本日お越し頂いた建築家は西井洋介先生です。

portrait.jpg建築家 西井 洋介 Yosuke Nishii
1977年 京都府生まれ
1996年 ヴィアトール学園 洛星高等学校 卒業
2001年 京都大学 工学部 建築学科 卒業
2003年 京都大学大学院 工学研究科
建築学専攻 修士課程修了
2003年 (株)遠藤剛生建築設計事務所
2007年 一級建築士事務所 ROOTE設立
2016年 神戸芸術工科大学 非常勤講師

建築を創るためには、クライアントの希望・予算はもとより、法的条件、景観的条件、環境的条件、社会的条件、経済的条件等、数多くの条件をクリアする必要があります。それら諸条件はプロジェクト毎に全く異なり、それらの諸条件に対する解答は無数に存在します。

クライアントとの対話を繰り返し、イメージを共有し、数多くの条件と併せて、検討・検証を繰り返すことにより、無数にある可能性の中から最適解を導きます。

先生は、打ち合わせの際、お施主様の前でイメージのスケッチをされるので
お施主様にもお伝えしたいことが目で見てわかり、大変好評いただきました。

二回目のプレゼンテーションにお越しの時、指に包帯を巻かれて来られ、
びっくりするシーンもあったりしましたが、
本日無事に三回目の打ち合わせを終えることができました。

たくさんの建築家打ち合わせを見てきて、お施主様の数と同じだけ
それぞれ打ち合わせの雰囲気も異なるのですが、はっきりと感じるのは、
お施主様も建築家の先生も真剣勝負だということです。

一回目の打ち合わせでは、努めてリラックスできるよう私たちは注意しております。
建築家との打ち合わせ本番前、お施主様が叶えたい暮らしのイメージを建築家に
しっかりもれなくお伝えできるよう、もう大丈夫というところまでしっかりと予行練習します。

予行練習しているときに、お伝えしたかったことがさらに見えてきたりすることもあります。

私たちは、これから家を建てようとする方の立場に立ち、本質を追求しながら進めております。

不安なことが気軽に相談できる家づくりの良きパートナーでありたい。
私たちが日ごろ心がけていることの一つです。

もう一つだけ、

本日、監督が三か月点検に、お施主様のお宅に伺った時のお話をされておりました。
約28坪のお家で、初めての夏を迎えようとしております。

監督がお住まい心地や電気代についてお施主様にお伺いしましたところ
想像以上に快適とおっしゃっていたそうです。ここまでは普段通りの回答かなと思いましたが、
なにより監督が嬉しそうにされていたのが、

月の電気料金が5000円程度だったということ!

私の自宅は今のシーズン単月で15,000円平均、真夏には30,000円を超えるときもあります。

うらやましい・・・。

私たちが、お客様とお打ち合わせをさせていただく際「ライフプランシミュレーション」
という、お住まいをお求めになった先、85歳までのお施主様のキャッシュフローの目処を立てます。
その際の計算は、現在の水道光熱費でシミュレーションしているのですが、
例えば私の家の場合、電気料金20,000円、水道料金月額案分5,000円、の場合合計20,000円。
電気料金5,000円の場合でしたら、実際の生活においては、10,000円住宅ローンのお支払金額が、
下がった状態と考えることもできると思います。
高性能住宅って、可能性が広がりますね。



--------------------------------------------------------
■R+house成田では無料相談会を毎日開催しています!
 土地・建物・予算などなど・・・

 お家づくりのご相談はお気軽に→『お問合せ』

--------------------------------------------------------
■幕張総合住宅展示場 
20200115_exterior_003.jpg