賢い家づくり勉強会が開催されました

賢い家づくり勉強会が開催されました

皆様こんにちは
R+house成田店手塚です。

本日は午前中、O様邸の建築家2回目の打ち合わせを経て
午後からは、八千代市民会館にて行われました
後悔しないための賢い家づくり勉強会
に行ってまいりました。

IMG_1443.jpg

自粛期間を経て、家で過ごす時間について見直されつつある昨今
を象徴するような、ご参加された方の多い勉強会でした。

午前中は、雨脚も強く、街中は外出する車で混雑し、移動に時間の取られる一日でした。

最近は梅雨も梅雨らしくなく、四季の移ろいも節目無く過ぎ去り
雨といえばバケツをひっくり返したようなゲリラ豪雨。
夏といえば、毎年更新される最高気温。

CMでも聞き馴染んだ「日本の夏」が今では過去のものになってしまいましたね。

今年は昨年よりも気温が上がるそうです。
エアコン業者さんも、早々に予定がパンパンな状況のようです。

エアコンの稼働率も上がり、これからどんどん電気を消費する量も増えていくことでしょう。
電気代が、夏本番を迎える前から気になりますね。

私が初めて勉強会に参加した時、目からうろこだったのが「家にも性能」があるということです。
いまさらと思われる方もおられると思いますが、屋根に発電機を乗せ、床には床暖房を入れるような
計画をされているようでしたら、一度勉強会にご参加されるといいかもしれません。

性能と聞くと、なんだか機械をつけ武装することのように思ってしまう方も多いのかと思います。

私は、何回か勉強会を繰り返し受講しておりますと、そうではないことに気づかされたのです。

機器類に補足される性能ももちろんあると思います。

例えるなら「電気ポット」としましょう。
もう一方を「魔法瓶」として違いを見てみましょう。

電気ポットの方は「通電しておくことによって、適温を保つ」=使う量を補う考え方
魔法瓶は「沸騰したお湯をいかに冷めないようにするか」=室内の熱をいかに逃がさず、外の熱の侵入を遮るか
という違いが判ります。

私たちが作る家はどちらかというと「魔法瓶」に近いのかと思います。
もちろんエアコンは必要ですが、一度温めたり冷やした空間を、どれだけ長い時間
保てるか、と置き換えられると思います。

お引渡しをさせていただいたお施主様の電気料金が、消費する電気の量を物語っております。

これから迎える夏本番、完成拝見会で、「魔法瓶型」のお家を体感してみませんか?



--------------------------------------------------------
■R+house成田では無料相談会を毎日開催しています!
 土地・建物・予算などなど・・・

 お家づくりのご相談はお気軽に→『お問合せ』

--------------------------------------------------------
■幕張総合住宅展示場 
20200115_exterior_003.jpg


--------------------------------------------------------
■無料相談会 毎日開催
 成田ショールームにて
 TEL:0120-00-9269
 nrt-7374_retouch.jpg